違う産地の食品を食べ比べた体験談

公民館の手作り味噌講座に、半分義理で参加しました。

違う産地の食品を食べ比べた体験談

公民館の手作り味噌講座に、半分義理で参加しました / 68歳 女性

公民館の手作り味噌講座に、半分義理で参加しました。

ところが、信じられないほど美味しい味噌ができたので、味噌に目覚めました。
とは言っても、ド素人が指導者もなく、誰も下ごしらえをしてくれない材料と格闘するのは大変なので、頼るのはお取り寄せです。

最初は有名な信州味噌。あまり数が多すぎて、調べるのも大変です。
それから八丁味噌。有名産地のものを何度か試し、友人お薦めの福井の小さな味噌屋さんのものは塩分が多すぎて口にあわず、あれやこれや取り寄せて、下関の製造業者のものに落ち着きました。

白味噌、赤味噌、大豆、麦などに合わせて発酵菌も変えているとか。やや高めですが、まろやかでどれも美味しいです。
防腐剤無添加ですので、小さなパックを数種類取り寄せ、冷蔵庫に保管し、天候や具材で使う味噌を変えています。
あまり美味しいので、福井の味噌を勧めた友人にお裾分けしたところ「上品過ぎてわからん」と一言で切って捨てられました。
この味わからんかな…と、内心不満ながら、人の味覚は様々。美味しいものは一人で楽しむことに決めました。


Copyright(c) 2018 違う産地の食品を食べ比べた体験談 All Rights Reserved.