違う産地の食品を食べ比べた体験談

違う産地の食品を食べ比べた体験談といえば、関東のカップうどんと関西のカップうどんです。

違う産地の食品を食べ比べた体験談

違う産地の食品を食べ比べた体験談といえば / 29歳 女性

違う産地の食品を食べ比べた体験談といえば、関東のカップうどんと関西のカップうどんです。

どうして、両方のカップうどんを食べ比べることになったかというと、東京在住の関西の男性が声を荒げて「関東のカップうどんは味が濃いねん!関西のうどんを食べてみぃ!」と、いって、両方のカップうどんを職場にもってきたことがきっかけでした。
確かに味の濃さは違うだろうなと思いましたが、そんなにいうほど変わらないんじゃないかと思いました。
過去にも、お土産で関西のカップうどんを食べたことがありましたが、特に気になったこともありませんでした。

皆が皆、そこまで大げさにいうものじゃないと心に思いつつ、私を含めた関東の人たちはうどんを食べてみました。
すると、食べ比べて初めて、味が全然違うことに驚きました。
関西の方が薄味なイメージは勿論ありましたが、こんなにも味の濃さが違うのかと、改めて驚きました。
スープの色も全く違い、彼が声を荒げたい気持ちもなんとなく分かりました。

今まではなんとなく違うだろな程度の感覚でしたが、食べ比べをして初めて、味の濃さの違いを実感しました。


Copyright(c) 2018 違う産地の食品を食べ比べた体験談 All Rights Reserved.