違う産地の食品を食べ比べた体験談

実家を離れて一人暮らしをしているので、母が心配して色々なものを送ってきてくれます。

違う産地の食品を食べ比べた体験談

実家を離れて一人暮らしをしているので / 23歳 女性

実家を離れて一人暮らしをしているので、母が心配して色々なものを送ってきてくれます。
ある時、外食ばかりでは体に良くないと、小さな炊飯器と小さな袋のお米を3袋送ってきてくれたことがあります。3袋のお米はそれぞれ違う産地で、母に聞いたところ「好みが分からないからスーパーにあったのを3種類とも買った」のだそうです。
違う産地の3種類のお米、母の愛情を感じつつ、少しずつ食べてみました。

それまで、お米なんてどれも同じだと思っていたのですが、意外にも産地によって味が違うことにこの時気が付きました。
コシヒカリは粘り気がありホクホクで、食べると最高でした。
ササニシキはそれほど粘り気がなく、ほのかな甘みがあって美味しかったです。
アキタコマチは、その中間くらいでしょうか、冷めても食べやすい食感でした。
それぞれに違った特徴があり、それぞれに美味しかったです。

それまでは意識したことがありませんでしたが、私も日本人だなとつくづく思いました。
こんなに、自分がお米好きだなんて思っていませんでした。


Copyright(c) 2018 違う産地の食品を食べ比べた体験談 All Rights Reserved.